テレビ離れが進んでいます

ところで、皆さん最近テレビって見ていますか?

 

最近の様々な調査では、テレビを視聴する人が減っていることが明らかになっているようです。皆さん、タブレットやスマートフォンを持っているので、そこで得られるリアルタイムな情報で十分、という方が増えているからなのでしょうか。とりわけニュース番組などに関していえば、スマホで見ることができますから改めてテレビのニュース番組なんて見る必要を感じない、と多くの若い方たちは感じているようです。

 

テレビを見る、という方たちの中でも現在では4割の方が録画視聴をしているとのこと。

 

最近のネット上のニュースでそんな点が取り上げられていました。その調査結果によりますと、地上波テレビの視聴者のうち、約4割は録画視聴をしているようです。理由としてはやはり生活スタイルが多様化していること、そして録画機能が非常に高性能になっているという点を挙げることができるでしょう。とりわけニュース番組やスポーツ中継はリアルタイムで見る方が多いようなのですが、ドラマ、アニメ、映画といった時間をかけてきちんと見たい、というものに関しては録画して視聴する、というケースが多いとのこと。皆さんはいかがでしょうか。そして全体としてテレビの視聴時間が減った、と回答している方が30%以上に上っているようですから、テレビ局にとってはまさに冬の時代と言えます。

 

反対にWeb動画の利用が増えている、と回答している方が28%に及んでいるようです。

 

ますますテレビからネットへという流れが強くなっていることがうかがい知れますね。それに加えて、テレビ番組そのもののがつまらなくなっている、と感じている方も少なくないのではないでしょうか。とりわけバラエティー番組がどれも芸人同士の内輪話で盛り上がる、路線バスで出かける、ただ散歩する、といったどの局も同じような番組が増えていることも視聴者離れの原因になっているのかもしれません。今後、テレビがまた盛り返してくる時が来るのでしょうか。